2010年04月

2010年04月25日

db4ee98c.jpg
に来てます。

イベント開催中ということもあり、ものすごい人

世間の人々はゴールデンウイークに入っているのかも


(14:09)

2010年04月24日

今回は昭和46年の出来事を紹介したいと思います。

昭和46年の出来事
  • 今岳・秋目小閉校(3月)
    過疎化現象が進み、児童減のため今岳小は久志小に統合、秋目小は大浦小へ委託することになり、それぞれ長い歴史の幕を閉じる
  • NHK「新日本紀行」で坊津を全国に紹介(1月)
    坊津の美しい風景や、番屋牧場、あかねかぶりなどの郷土の姿が全国に紹介される
  • 老人福祉センター完成開所(4月)
    老人の相談に応じ、健康の増進、教養の向上、娯楽のために老人福祉センターを建設、4月から開所する
  • ごみ焼却場できる(6月)
    生活の向上などにより、ごみ排出量が増加したので、この処理に焼却場を建設、収集を開始
  • 栗野保育所完成(10月)
    栗野小規模保育所(定員40名)が、10月完成し翌年1月から開所する 
ふるさと坊津より

今岳と秋目に小学校があったのは知っていましたが、この時代に閉校になったんですね。
それとは反対に栗野保育所が完成。

 


(08:46)

2010年04月23日

ぶらりと博多浦へ

bonotsu0000505_001



博多浦の記憶といえば、小さいころ父とクルマエビの養殖場に行ったっきり、ぶらっと歩くのは初めてです。

bonotsu0000505_002



bonotsu0000505_003



博多浦も坊と同じように石畳が敷いてあります。

bonotsu0000505_004




海は透き通っており、底が見えます。
bonotsu0000505_005



時代を感じさせる石垣。。。
こういった石垣などは、うまく再利用できないんでしょうか??

bonotsu0000505_006



bonotsu0000505_007


国道から200m
bonotsu0000505_008


道は奥へ奥へと続きます。

古い民家が斜面に点在します。
bonotsu0000505_009


博多浦の漁港へ。

私の行きたかった場所です。

海沿いにある小さな道を行くと。。。
bonotsu0000505_010







大きな地図で見る

(10:20)

2010年04月22日

この前の日曜日、加世田に向かう途中、お茶を中山のローソンに寄りました。


家族3人でローソンに入ると、おにぎりコーナーからこちら絵歩いてくる人が。。。


よく見ると麒麟の田村さん(黒い方)でした。



えっ、なんで??


と思いましたが、外を見るとロケバス風のジャンボタクシーが。。。


鹿児島のどこかでロケか、取材なんでしょう。。。


で娘と写真を撮ってもらおうと思い声をかけようと思うんですが、小心者の私と妻は、モジモジ。。。


そのうちローソンを出ていきました。



と思ったらまた戻ってきて、今度はATMでお金をおろし始めました。


よく噂では、ホームレス中学生で、かなりの印税収入があったようですが、今は預金額17万円とのこと。。。


失礼な話ですが、



「まだおろすお金あるのかな?」



と妻と二人で、話し方でした。。。 




そうこうしているうちに、結局声はかけられず。。。。


写真は断念しました。




久しぶりに見た生芸能人。
 
オーラがありました。 

(08:28)

2010年04月21日

休園式後、記念の掲示板の除幕式が行われました。

bonotsu0000503_010




掲示板は、保育所前の歩道に設置されています。


卒業した園児たちの名前が書かれています。


娘の名前もあり、ちょっと感動。。。
bonotsu0000503_011



除幕式後は、保育所関係者の方々、地域の方々とのお食事会でした。
bonotsu0000503_012



お弁当がおいしかった。
bonotsu0000503_013


懐かしの映像をみたり、父兄の皆さんとの話をしたりと楽しい食事会となりました。
bonotsu0000503_014


食事会終了後、保育所の周りをうろうろ。。。

bonotsu0000503_015



ブランコもちょっとさみしげ
bonotsu0000503_016


bonotsu0000503_017


本当に天気に恵まれました。
bonotsu0000503_018



最後に、先生方と父兄でちょっとしたイベント
bonotsu0000503_019



花束贈呈

「先生方本当にありがとうございました」
bonotsu0000503_020


最後は、先生たちのアーチで園児たちは見送られました。
bonotsu0000503_021

娘も両手にはたくさんのお土産を抱え、先生たちのアーチをくぐり保育所生活を終了いたしました。

bonotsu0000503_022

園児の数は、少し少なかったんですが、それが逆に良かったのかもしれません。

娘も毎回保育所に行くのを楽しみにしていました。

私も娘を保育所に預けるのは初めてでしたが、私にとても楽しく過ごすことができました。



先生方、保育所関係者様本当にお疲れ様でした。

そしてありがとうございました。 



追伸 現在、娘は坊泊保育所に通っており、清原保育所にいたお友達、新しくできたお友達と楽しく遊んでいるようです。

心配しているのは、親だけかもしれません。 

(09:06)