2014年05月

2014年05月31日

image


アメリカから帰省中のブンさんと飲み会中。


30年間の募る話で

盛り上がる。



(20:00)

2014年05月30日

第25回わがまちのガイドさんとあるく 「坊津の海と歴史、風を感じて歩こう」【12】のつづきです。


九玉神社を経由
_IGP9690



_IGP9699


_IGP9700

やはり丸木崎展望台から輝津館までは遠いですね。

いい運動になりました。
_IGP9703


その後昼食。
_IGP9704

坊津蔵の鯖の燻製サラダ。。。
_IGP9705


_IGP9706

ハガツオの刺し身。
_IGP9710

_IGP9712

一挙に元気になりました。

燻製のサラダが美味しかった。


最後が一番良かったかも。




また次回に期待!

 

(13:33)

2014年05月29日

フッ = よもぎ・洋服

フトカ = 大きい

フナト = 漁夫

 
出典:坊津町郷土史 下巻


(17:51)

2014年05月28日

第27回わがまちのガイドさんとあるく   
テーマは坊津の夏はやはり海!!「坊津のリアス式海岸を船で巡る」
== 本土最西南端の地をめぐる==



集合場所
坊津町歴史資料センター「輝津館前」 AM9:00

定員
15名  

締め切り日
7月20日 PM6:00
 
申込み先
観光案内所 電話0993-67-1310(FAX共)
 
鮫島 昭一 電話090-6775-1966 FAX0993-67-1088
参加料   1,000円 
コース
坊津歴史資料館前--車移動 泊漁港--丸木木浜--棒ノ岬灯台ーー高立神--双剣石--網代浜--坊ノ浦--泊漁港--案内所(試食のおもてなし)
 
その他
観光案内所で特産品の販売

今回も坊津と云えば「海」!中世から近世にかけての海外交易、密貿易。その後も遠洋かつお漁業の基地でもあった坊津、県内唯一のリアス式海岸は東シナ海の荒波にもまれ多様な地形を生み出し奇石、奇岩が折りなっています。また本土最西南端には白亜の坊ノ岬灯台が航行する船舶を見守っています。この沖で、昭和20年4月7日戦艦大和の艦隊は沖縄へ最後の戦いに向かう途中、アメリカ軍の攻撃(坊ノ岬沖海戦)を受け3,000名以上の戦没者、この沖合い230kmの地点に眠っています。平和なこの海を皆で味わいリアス式海岸を俯瞰できる「坊ノ岬灯台」を巡る企画です。日本の原風景と言われる坊津を散策しましょう。 きっと、坊津の文化や生活、風物を再発見することでしょう。

定員は15名 先着順   荒天、天候不良時は中止、又は延期



船に乗っての坊津散策。

私はなかなか舟に乗る機会がないので、ぜひ参加したです。 

今回は定員が少ないので、申込はお早めに。 

_IGP9676
 


(18:47)

2014年05月27日



Youtubeに久志の夕焼けの動画がアップされていましたので

ご紹介。 


写真もいいけど、動画もいいね!

(18:28)