2011年03月22日

第12回 坊津やまびこ会 わが町ガイドさんと歩く!つづき

唐人町のあった場所を散策
IMGP0943


IMGP0944

唐人町だけあって、今でも唐人の墓が大事にされているとのことでした。
IMGP0945


IMGP0946


IMGP0948

ここは防空壕跡??
IMGP0950



IMGP0954



唐人がたくさん住んでいて交易が盛んな場所
IMGP0956


IMGP0957


IMGP0958


IMGP0961


IMGP0962


IMGP0964

唐人町跡・唐人墓
唐人町は、現在の集落の西の谷あいに地名が残されています。これは当時中国の人々が住んだ街跡で、その海岸に交易場の跡がります。
博多浦の唐人町がいつ開かれたかは、はっきりしたことはわからないが、博多浦の貿易を考えると中世にはもう存在していたのではないかと考えられる。
中国の人々は、ここを根拠地にして盛んに交易をしていたのだろう。博多の町の南西の方の谷間がその跡地であるといって、今もその地名で呼んでいる。
坊津やまびこ会資料より

IMGP0966
江篭潭(えごんたん)へ移動


大きな地図で見る

(19:20)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔