2017年04月25日

弘法の井
泊の浜の国道に沿いに井戸がある。源泉渾渾として湧きでて、清冽無比、水量もまた豊富で、上水道敷設の前まではこの水によって付近の人々は恩恵をこうむっていた。弘法大師が西国行脚の途、錫杖を突きさされた跡に、湧きでたものとして伝説がある。
 
 IMGP3556

IMGP3557



(18:45)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりの   2017年04月27日 08:39
泊の出身としては懐かしいです。宇都の人達はもう使ってないのかな?
2. Posted by ブン   2017年04月27日 23:27
母親がその隣の魚屋さんで魚を選んでいる時に、遊んだ覚えがあります。小さいエビがいたんですよね。小石を投げ入れて、通りがかったオジさんにガられた事もありました。
その時はなぜ怒られたか不思議でしたが、今考えれば生活用水のひとつだったでしょうから、バカな事をしました。
でもそうやって怒ってくれるオジさんもいいもんですね。
今ではめっきり少なくなりましたが。。。
坊津では見知らぬオジさんやオバさんによくガられた覚えがあります。でも結局は友達の親だったり親戚だったりするんですよね。
たいがいの質問が「お前の父ちゃんと母ちゃんはなんつー名前か?」そこで全て家系がバレる。
その後、「オイはお前の父ちゃんの同級生」だったり「ワイの母ちゃんとオイの妹はよくあひこの神社で遊びよった」「ワイのオジさんなハナずんだれやった」延々と話を聞かされよったもんです。結局そのオジさんやオバさんの家でお茶を飲んで漬物まで頂いた挙句、お土産まで頂いて家に帰った事もあった坊津の懐かしい日々です。(実話)
kenta さん、人のホームページで長々と思い出話をして申し訳ない。でもこれも立派な坊津の遺産だと思います。
3. Posted by kenta   2017年04月28日 08:33
通りすがりのさんおはようございます。

> 泊の出身としては懐かしいです。宇都の人達はもう使ってないのかな?

使ってるのかな?

一時期、道路拡張でちょっと濁っていたようですが、

きれいでしたよ。

4. Posted by kenta   2017年04月28日 08:37
ブンさんおはようございます。

> 母親がその隣の魚屋さんで魚を選んでいる時に、遊んだ覚えがあります。小さいエビがいたんですよね。小石を投げ入れて、通りがかったオジさんにガられた事もありました。

近くに魚屋さんありました。

> その時はなぜ怒られたか不思議でしたが、今考えれば生活用水のひとつだったでしょうから、バカな事をしました。

がられたか。

井川をみると底なしの井戸のようで

吸い込まれるんじゃないかと

小さいながら思ってました。

> でもそうやって怒ってくれるオジさんもいいもんですね。
> 今ではめっきり少なくなりましたが。。。

自分も含めそうかもしれません。

> 坊津では見知らぬオジさんやオバさんによくガられた覚えがあります。でも結局は友達の親だったり親戚だったりするんですよね。



> たいがいの質問が「お前の父ちゃんと母ちゃんはなんつー名前か?」そこで全て家系がバレる。
> その後、「オイはお前の父ちゃんの同級生」だったり「ワイの母ちゃんとオイの妹はよくあひこの神社で遊びよった」「ワイのオジさんなハナずんだれやった」延々と話を聞かされよったもんです。結局そのオジさんやオバさんの家でお茶を飲んで漬物まで頂いた挙句、お土産まで頂いて家に帰った事もあった坊津の懐かしい日々です。(実話)

「○○さんげん子か」

ってよく言われてた。

> kenta さん、人のホームページで長々と思い出話をして申し訳ない。でもこれも立派な坊津の遺産だと思います。

どうぞ。

ごゆっくり。
5. Posted by rett   2017年04月28日 16:22
今は「だいけ?」じゃなく「どこん人け?」とよく聞かれます(笑)。
6. Posted by kenta   2017年04月29日 11:50
rettさんこんにちは

> 今は「だいけ?」じゃなく「どこん人け?」とよく聞かれます(笑)。

そうかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔