2013年05月22日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」,弔鼎

歩くこと10分泊港に到着。
IMGP3503

左側に見えるクリーム色の建物は新しいダイバーズショップです。
IMGP3505

そのダイバーズショップの後ろの路地を歩くと。。。
IMGP3507

海を見つめる石像がポツンと。
IMGP3510

原捨思の石像です。
原捨思。(はら すてし)
明治24年、原平之進の四男として泊に生まれる。坊泊小卒、漁業に従事、実兄の耕を助けて南養魚場開拓に尽くす。県水産会理事、帝国水産会代議士員。県漁業振興会長として、戦時中の微用(国家の強制的な行動)により、漁船が少なく復旧のみ込みが立たないとき、1500トンの建造許可を獲得し、県魚業界復興に業績を挙げる。戦後、衆議院議委員に二回当選。自民党水産部会会長、農林水産省委員会理事、永年鹿児島県漁港協会長・全国漁港協会副会長、県漁連会長、中央漁業審議会委員など水産関係の役所を歴任し漁業界に尽くす。昭和28年県民表彰を受け、産業開発の功績により勲三等瑞宝章を授与された。 出典=坊津町郷土史下巻



IMGP3513

石像は、泊港のすぐ近くの海沿いに建てられています。
私もここに来るのは初めて、原耕さんのお話はちょくちょく聞いていましたが、
原捨思さんのお話初めて聞きました。
IMGP3509

つづく

読み込み中

クリックでキャンセルします

画像が存在しません



(22:30)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりの   2013年05月23日 22:37
おおー、漁民センターの裏だ。小泊出身なので懐かしいです。
2. Posted by kenta   2013年05月24日 09:51
通りすがりのさんおはようございます。

> おおー、漁民センターの裏だ。小泊出身なので懐かしいです。

ここに石像があると知りませんでした。

勉強不足です。
3. Posted by 通りすがりの   2013年05月24日 18:13
私が住んでいた小泊の家付近(中学校から坂を下った大山建設前)に、当時は、天神さん、と言う名の小さな公園がありました。今はもう取り壊され農道に続く道が作られています。そこにまつられていたお墓があったのですが、まだあるかな?わがまま言ってすみません、可能であれば、写真アップして頂けると嬉しいです。
4. Posted by kenta   2013年05月25日 09:11
通りすがりのさんおはようございます。

> 私が住んでいた小泊の家付近(中学校から坂を下った大山建設前)に、当時は、天神さん、と言う名の小さな公園がありました。今はもう取り壊され農道に続く道が作られています。そこにまつられていたお墓があったのですが、まだあるかな?わがまま言ってすみません、可能であれば、写真アップして頂けると嬉しいです。

中学校の坂を下りきるちょっと手前ぐらいですよね。

農道は、中学校の裏側に上る道路ですかね?

今度行ってみます。
5. Posted by 通りすがりの   2013年05月25日 10:59
そうですね、中学校の裏を通る農道です。よろしくお願いします。
6. Posted by kenta   2013年05月25日 12:34
通りすがりのさんこんにちは

> そうですね、中学校の裏を通る農道です。よろしくお願いします。

了解致しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔