2013年06月05日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」つづき


原兄弟の生家、現在は原記念公園という名称になっているようです。
 IMGP3542



IMGP3544

小泊の路地を抜けます。
かすかですが、小さい頃ここで遊んだ記憶があります。
IMGP3550


IMGP3552

織田燃料もちょっと懐かしい。。。
IMGP3554

国道へ。離合も困難だった道路も整備され綺麗な道路になりました。
IMGP3555

ここも遊んだ記憶が。。。弘法の井

今でも滾滾と水が湧き出ています。
IMGP3556





大きな地図で見る つづく

(19:38)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがりの   2013年06月05日 21:13
その路地、織田燃料、久しぶりに拝見できて嬉しい。たま〜に夢に出てくるんですよ。
宇都の井戸は、マッドクンカワって言ってたよーな、遠い記憶なので違うかも。昔はその井戸の横にちょっとした砂場があり、十五夜の相撲大会をやってました。今もスジマワリ?やってるのかな?

2. Posted by kenta   2013年06月06日 15:08
通りすがりのさんこんにちは

> その路地、織田燃料、久しぶりに拝見できて嬉しい。たま〜に夢に出てくるんですよ。

小田燃料のおばちゃんがプロパンを運んでいる姿ではないですか?

> 宇都の井戸は、マッドクンカワって言ってたよーな、遠い記憶なので違うかも。昔はその井戸の横にちょっとした砂場があり、十五夜の相撲大会をやってました。今もスジマワリ?やってるのかな?

子供たちは少なくなりましたが、スジマワリまだやってるかもしれません。
>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔