2013年07月03日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」Δ弔鼎

鍛冶屋川から
IMGP3580

IMGP3587

攝光寺です。ここに幼稚園があったのかな?
IMGP3588

水道事務所前にある磨崖仏遺跡。
IMGP3590

海印寺磨崖文字
由来ははっきりしないが、土地の昔からの言い伝えでは、船の「とも」(船の後部)から掘ったものと伝えられる。磨崖文字からして海印寺の住職が、生きている時に、自分の冥福を祈るために掘ったものと思われます。
また、文字の他に地蔵の彫刻や祠なども海印寺橋を挟んだ両側にあります。なお、海印寺は、伊集院広済寺の末寺で臨済宗であったと伝えられます。
IMGP3591

水道事務所の小筋を山の方へ。
初めて通る道。
IMGP3600


IMGP3601

100mほど中に入ると階段が。。。
IMGP3602


IMGP3603


IMGP3604

立派な石畳も。。。
IMGP3605

石段を30段ほど登ったでしょうか?
IMGP3608


撮影し忘れましたが、そこには取り壊された家の残骸がありました。IMGP3613



その先には


大きな地図で見る
つづく 

(19:42)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ブン   2013年07月04日 00:14
川の辺り、憶えています。川底が整備されてますね。洪水防止の為でしょうか?
あそこで採った魚をバケツに入れて家まで持って帰ってましたよ。今考えればけっこうな距離をあるいてました。しかしM君は魚を採るのがうまかった。
角のお菓子屋さんはもうないと聞きましたが、工事中のようですね。何ができるのでしょうか?
2. Posted by kenta   2013年07月05日 09:54
ブンさんこんにちは

> 川の辺り、憶えています。川底が整備されてますね。洪水防止の為でしょうか?
> あそこで採った魚をバケツに入れて家まで持って帰ってましたよ。今考えればけっこうな距離をあるいてました。しかしM君は魚を採るのがうまかった。

M君元気ですよ。

> 角のお菓子屋さんはもうないと聞きましたが、工事中のようですね。何ができるのでしょうか?

多分道路の拡張工事だと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔