2014年09月30日

 9/11(12:26頃)に MBCテレビ「ひるおび」(TBS系列)内で、1989年に国が「ふるさと創生事業」として全国の自治体に交付した1億円のユニークな使用事例が放送されました。その際、旧加世田市(現南さつま市)が交付金の一部を砂の城(吹上浜砂の祭典)に使用したとする放送がなされました。
 
 確認の結果、旧加世田市において交付金1億円は全額基金に積み立てられており、放送された事実は認められませんでした。
 
 なお、番組を制作したTBSテレビへ放送内容の事実確認について、問い合わせたところ、取材者の未確認を認め、翌日(9/12)、同番組内で前日の放送内容を訂正しました。(市では、同番組へ放送内容については、事実確認を行うよう要請いたしました。)


南さつま市ホームページより


25553003078


そんな交付金もありましたね。

旧坊津町は、1億円何に使ったんでしたっけ? 

 


(08:36)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔