2014年12月12日

奈良唐招提寺の開祖、鑑真大和上が日本からの勅命を受けた留学僧の懇請に応じて、5度の渡海の失敗と度重なる艱難辛苦のすえ両目の光を失いながらも753年12月20日、日本本土に上陸の一歩を印した地、秋目浦で鑑真大和上の遺徳を偲ぶ集いを開催します。

 

〇日時 平成26年12月20日(土) 午前10時〜午後2時

 

〇場所 南さつま市坊津町秋目 鑑真記念館及び園地内

 

〇参加料  無料(当日館内無料開放)

 

〇主催 日本の原風景「薩摩・坊津」岬まつり実行委員会

 

〇内容 唐招提寺 執事 石田太一 師 による鑑真大和上の法要

       二胡演奏 坂口 真平 氏

       講  演 唐招提寺 執事 石田太一  師

       演  舞 楊名時太極拳

 

    ※ 催し等については、当日都合により変更することがあります。

      地元料理ふるまい(きびなご鍋、おにぎり) 150食、物産販売等

 

〇駐車場 鑑真記念館 第2駐車場等

 

〇問合せ先 南さつま市坊津支所市民課産業振興係

       電話 0993-67-1441 内線(5117)

              鑑真記念館

       電話 0993-68-0288

今年はライトアップないみたいです。
_IGP9464
 



(19:54)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔