2015年03月25日

国会では、「地方創生、地方創生」と騒いでいますが、

先日の飲み会もやはり人口減少の話や空き家の話など。。。

やっぱり考えることはみんな同じ。


来年度から若手官僚や学者などを地方に送り込み、地方創生の足がかりを作るのか?

南さつま市も派遣されるようです。
http://i.jiji.jp/jc/i?g=pol_30&k=2014121900414




南さつま市もその恩恵をうけることができるか?





(20:04)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by そうの   2015年03月27日 09:35
日本中限界集落だらけ!子供の声が聞こえてこない!
なぜ???
20代〜40代が住んで幸せ!(^^)!な集落でないとだめでしょう。 
私の現住所では、市民の老後はボランティアの掛け持ちを競って、ぴんぴんころりを目指しています。
してもらうから、してあげる老人に替わるのは今でしょうヽ(^。^)ノ
2. Posted by kenta   2015年03月27日 18:26
そうのさんこんばんは

> 日本中限界集落だらけ!子供の声が聞こえてこない!
> なぜ???
> 20代〜40代が住んで幸せ!(^^)!な集落でないとだめでしょう。 
> 私の現住所では、市民の老後はボランティアの掛け持ちを競って、ぴんぴんころりを目指しています。
> してもらうから、してあげる老人に替わるのは今でしょうヽ(^。^)ノ

コメントありがとうございます。

いいですね。

ぴんぴんころり。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔