2018年10月24日

IMG_20181024_071725
朝晩だいぶ冷え込んできましたが、

お昼は暑くなりそう。




(07:18)

この記事へのコメント

1. Posted by 長島大和2    2018年11月28日 00:35
坊津に関わって5年位だったのかな?歴史が古くとても好きな町なので移住も何度か考えたのですが、
その度に町の閉鎖性で辟易し子供が出来たこともあり諦めて他の町に移ることに決めました。
あの美しい風景と歴史は誇るべきものです。でも溶け込もうとしているよそ者を受け入れてくれないところがあり残念でした。まあ私の周りだけだったのかもしれませんが?
でも色々な思いとともに坊津は私の心に輝いてあります。
今日で坊津は最後と思って車で走りました。又いつか笑って走れればと思います。
2. Posted by kenta   2019年01月08日 14:40
長島大和さんコメントありがとうございます。

> 坊津に関わって5年位だったのかな?歴史が古くとても好きな町なので移住も何度か考えたのですが、
> その度に町の閉鎖性で辟易し子供が出来たこともあり諦めて他の町に移ることに決めました。

そうでしたか、
閉鎖性あるかもしれませんね。
私が言う筋合いではないかもしれませんが、
本当にすみませんでした。
なにか力になれればよかよかったのですが。

> あの美しい風景と歴史は誇るべきものです。でも溶け込もうとしているよそ者を受け入れてくれないところがあり残念でした。まあ私の周りだけだったのかもしれませんが?

そう願います。

> でも色々な思いとともに坊津は私の心に輝いてあります。
> 今日で坊津は最後と思って車で走りました。又いつか笑って走れればと思います。

また明るい笑顔で来てくださるのをお待ちしております。
その時は、このブログでもコメントください。
ぜひお会いしましょう。
3. Posted by ブン   2019年01月11日 05:48
私も子供の頃坊津に5年程住んでいた者ですが。
坊津の風景や思い出は35年以上たった今でもキラキラ輝いています。本当に素晴らしい場所です。恐らく一生忘れる事は無いでしょう。
ですが、巷で聞く地域の閉鎖性が坊津に存在するという言葉も坊津に関わった人から聞いたことがあります。
私の両親ももしかしたら気苦労があったかもしれませんが、父親の仕事の都合で坊津を出る時、地域の方々が集まって公民館で送別会を開いてくれました。あの温かい気遣いは本当に忘れません。私の両親も本当に嬉しそうでした。
坊津に限らず日本の小さな町々は遺していく物事と変わっていかなければならない物事が存在すると思います。
それがはっきりした時には坊津は更に魅力的になるのではと勝手に思っています。
少なくとも私の知り合いで坊津に残っている方々(kentaさんを含む)は外からの人や物を温かく受け入れられる方々なので、困った時にそういう方々に会っていて欲しかったと思います。
頑張れ坊津遺産!
4. Posted by kenta   2019年01月11日 15:46
ブンさんコメントありがとうございます。

>>3

> 私も子供の頃坊津に5年程住んでいた者ですが。
> 坊津の風景や思い出は35年以上たった今でもキラキラ輝いています。本当に素晴らしい場所です。恐らく一生忘れる事は無いでしょう。

ありがとうございます。

> ですが、巷で聞く地域の閉鎖性が坊津に存在するという言葉も坊津に関わった人から聞いたことがあります。

確かに存在するかもしれません。
私はそこまで考えずに対応しているつもりですが、
もしかしたら、閉鎖的な言葉を言っているかもしれません。

> 私の両親ももしかしたら気苦労があったかもしれませんが、父親の仕事の都合で坊津を出る時、地域の方々が集まって公民館で送別会を開いてくれました。あの温かい気遣いは本当に忘れません。私の両親も本当に嬉しそうでした。

そうだったんですね。
また戻ってこい!

> 坊津に限らず日本の小さな町々は遺していく物事と変わっていかなければならない物事が存在すると思います。
> それがはっきりした時には坊津は更に魅力的になるのではと勝手に思っています。
> 少なくとも私の知り合いで坊津に残っている方々(kentaさんを含む)は外からの人や物を温かく受け入れられる方々なので、困った時にそういう方々に会っていて欲しかったと思います。

なんか手助けできることがあれば、
お手伝いします。

> 頑張れ坊津遺産!

いつもありがとう!

私が励まされてる(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔