【ゆかりの人】

2017年05月27日

 江戸時代の漢方医で文筆家、伊勢に生まれ、諸国を巡り後京に上り、朝廷に召されて医官となる。
 著書西遊記に「坊津は辺鄙なる故に世に普く知られざる処にて勝景双ぶ処稀なり。丹州天ノ橋立、芸州厳島などと競べ見るに、天ノ橋立よりも海面の模様眺望広大にして島の風景いはん方なく、如何なる画師たりとも写し得がたき処にて、拙き筆には十は十にして其一もにたる様に写し難し」と激賞している。

20150325175114c0b
多分この人。。。

(17:02)

2016年10月01日

真言宗の開祖で、平安時代、坊津を訪れ、泊まりの浜で一老婆から恵みものをうけた。

空海はそのお礼にと砂浜に錫の杖をついたところ湧き出た、

というのが今に残る松堂井(まつどうくんかわ)である。

また、泊の攝光寺の付近にも、清水井というのがある。

kukai


  IMGP3557 ↑この井川かな。

(18:21)

2016年09月29日

敏達天皇の時代に、日朝両国の間に活躍した百済の傑僧である。

五六三年(敏達天皇十二年)に、仏教を広めようとして坊津に来て、

坊舎仏閣を建てた。

みずから阿彌陀像三体を刻み、三坊に安置し、龍巌寺と 号した。

これが、一乗院のはじまりである。

日羅はここで布教を行い、一乗院創建の人となった。


 日羅


(18:10)

2012年11月13日

080110_200px1

「南薩示現流」示現流の始祖である東郷重位は坊津の地頭として四代勤めた
津本 陽(つもと よう、1929年(昭和4年)3月23日 - )は、日本の小説家。本名、寅吉(とらよし)。 


(19:34)

2012年11月03日

yasuoka
昭和42年、雑誌ミセスの取材で坊津を訪れ、同士の日本新絵巻で”美しさ漂う坊津”と、坊津を紹介。
安岡 章太郎(やすおか しょうたろう、1920年(大正9年)5月30日)は、日本の小説家。 


(22:02)