トレッキング

2013年06月23日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」

小泊地区。
IMGP3572


鍛冶屋川(かんじゃんがわ)
川下から百メートルほどさかのぼった中流域にこんこんと途絶えることを知らないほど湧き出る井川があります。以前は井戸端会議が盛んな場所でした。昔、船や農耕器具を造るときに使う「鉄」の材料の原料は、海岸から採取される砂鉄がありました。それをここに集めて上流の鈩迫(たたらざこ)集落のあたりで製鉄をし、ここで製品を作っていた頃からこの地名が伝えられています(坊津やまびこ会資料より)
IMGP3573

この辺りもだいぶ道路が広くなりそうです。
IMGP3574


IMGP3575

鍛冶屋川沿いにある遺跡です。
 IMGP3576

宝筥印塔(ほうきょういんとう)越前石製。ちょっとわかりにくいですが、この上にあります。
IMGP3579

宝筥印塔(ほうきょういんとう)
この一体は吉原方限(よしはらほうぎり)と呼ばれていて、この場所は疱瘡の神(ほうそうのかみ)を祀っていると伝えられています。一乗院後に現存する8基の塔と類似すること石塔は、福井県高浜町日引で採石される「日引石」(ひびきいし)と呼ばれる安山岩質凝灰岩の石塔であると判断され、16世紀の頃の一乗院繁栄期に海道を介して運ばれてきたものと言われている。石塔に刻まれている梵字(古代インドの文語)は廃空蔵菩薩、阿弥陀如来、不空成就如来、天鼓雷音如来などを表している。(坊津やまびこ会資料より)

だいぶ風化しております。
IMGP3583


IMGP3585



IMGP3586

つづく




(18:22)

2013年06月17日

次回やまびこ会の街歩きの予定です。


第23回わが町のガイドさんと歩くは平成25年7月28日 

坊津はやはり海だ! リアス式の海岸、白い入道雲、波をかき分け奇岩や洋上アルプスのクルーズ安土桃山時代坊津に配流された「左大臣近衛信輔公」が詠んだ「坊津八景」を海から観賞し歴史、風土、地域の文化を追ってゆきます。

小学生以下は無料

期  日 平成25年7月28日(日)
集合場所 坊津歴史資料館 輝津館前 時間9:00集合
雨天時は前日のPM9:00までに連絡いたします
参加料 1,000円 資料代を含む
定 員 20名
持参する物 飲物 おやつ 弁当 帽子 タオル※特に飲物は絶対必要です
申込・問い合わせ NPO法人やまびこ会 鮫島 昭一まで
電話:0993-67-1049 FAX:0993-67-1088
Photo_6












7月末には、梅雨も上がっているでしょう。

(23:30)

2013年06月16日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」

弘法の井から
 IMGP3556

旧道から
IMGP3561

もう一本裏路地へ
IMGP3564

この辺も何十年ぶり。
IMGP3565

町の方へ
IMGP3566


IMGP3567


IMGP3568


IMGP3569


IMGP3572

この辺りもだいぶ風景が変わりましたね。

立派な道路ができました。

ちなみに農協前の道路も広がるみたいです。

角にあったお菓子やさんは取り壊されています。


つづく




大きな地図で見る

(23:00)

2013年06月05日

第22回わが町ガイドさんと歩く 坊津の歴史と海、風を感じてあるこう 「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」つづき


原兄弟の生家、現在は原記念公園という名称になっているようです。
 IMGP3542



IMGP3544

小泊の路地を抜けます。
かすかですが、小さい頃ここで遊んだ記憶があります。
IMGP3550


IMGP3552

織田燃料もちょっと懐かしい。。。
IMGP3554

国道へ。離合も困難だった道路も整備され綺麗な道路になりました。
IMGP3555

ここも遊んだ記憶が。。。弘法の井

今でも滾滾と水が湧き出ています。
IMGP3556





大きな地図で見る つづく

(19:38)

2013年04月20日

以前もブログで紹介させて頂きましたが、明日やまびこ会のイベントが開催されます。

今日は、雨模様ですが、明日の降水確率は、0%。

晴れです。


第22回わが町ガイドさんと歩く
坊津の歴史と海、風を感じてあるこう
「海の開拓者、原 耕、捨志兄弟の跡をさるっど」

鹿児島県の遠洋かつお漁業の開拓者、かつお漁の父とも言われ、医者でもありながらも生涯を地域の産業発展にも尽力し、しかも、兄である耕は昭和の初め遠い南洋のインドネシアまで漁場を開拓し、かつお節工場を建設し資金に苦心しながら、熱病におかされ無念にもこの地のアボイでなくなりました。
その意思をついだのが、弟の捨志で、兄弟で国会議員も兼ねて奮闘しました。
原耕の業績を称えた像が枕崎、坊津漁業関係者によって建立され枕崎と坊津に建ち、弟の捨志銅像は坊津の港を見下ろす公園に三木武夫(総理大臣)の揮毫で建っています。今回は原兄弟の生家や業績を追いながら、兄弟が暮らした泊地区のまちあるきと坊津の交易時の足跡を残す唐人墓地、越前石の供養塔など巡り、今でも唐物の陶磁器の欠片が見つかる泊浜で探しあてましょう。
 


スタート 輝津館 ---原耕像---原捨志像---原兄弟生家---越前石供養塔---海印寺磨崖文字---唐人墓地---鍛冶屋井川---泊浜浜遊び---輝津館(よもきダンゴのおもてなし)

  • 期日:平成25年4月21日(日) AM9:00 集合
  • 集合場所:坊津歴史資料センター前
           天候不良の時は前日のPM8:00までに連絡します。
  • 参加料:1,000円 資料代、保険代を含む(小学生以下は無料)
  • 定員:20名
  • 申込締切:4月19日 PM 6:00
  • 持参する物:飲物、おやつ、弁当
  • 申込、問合せ:NPO法人坊津やまびこ会 鮫島昭一
    電話:0993-67-1049 FAX67-1088
ぜひぜひご参加下さい。

お待ちしております。 


でも私はちょっと今回は参加できないかもしれません。 


(16:20)