秋目

2017年06月01日

 映画公開50周年を記念して海外から熱烈なファン40人が4月19日、坊津町秋目を訪れ、記念碑前で当時エキストラで出演した宮内一朗さんの話を聞いたり、記念撮影を行うなどして、ロケ地「秋目」の雰囲気を楽しんでいました。前日には日本のファンが市役所を訪れ、10月7日に計画されている「007秋目サミット」に使ってほしいと、東京で行われたオークションの益金(10万007円)を本坊市長に手渡しました。

名称未設定-1

南さつま市報より

「007」五十周年なんですね。

ファンの方々は、ここまで来るんですね。



何が観光資源になるかわかりませんね。

(17:29)

2017年04月11日

名称未設定-1

市報第2弾ですが、

本年度の予算が掲載されていました。

今年は、いつもよりかなり多いみたい。

まー吹上浜砂の祭典が30回目ということで

半分以上予算を持っていかれるのですが、

目を引くのが007秋目プロジェクト事業。

ちょっと今更という気もしますが、

鑑真に続き、秋目が注目されるような事業にしてほしい。




内容がわかり次第報告いたします。 

(19:42)

2017年02月02日

image

南さつま市報より。

2月24日鑑真記念館にて

鑑真大和上の遺徳を偲ぶ集いが開催されます。


毎年、12月に開催されていいたと思うのですが。


今年は2月なんですね。



(09:21)

2015年12月23日

坊津町郷土誌を見ていると方言について書いてありました。


\\\\\\\\

坊と栗野は、完全に独自な「ことば」をもつ、坊は一つの「ことば」を極端に縮めて構成され

発音も尻上がりの発音になる。

鹿児島語は共通語を縮めたものとされているが、

坊の場合は、その鹿児島語をさらに縮めて発音する。


栗野は、全然他の影響を受けない、一種独特な言葉で、特に発音は、

坊の影響も枕崎との交流も感じないので

栗野独自の「ことば」の違いの一例を上げてみると

「早くご飯食べなさい」は


久志 ハヨシモアンカ

泊 ハヨメスタベェンカ

坊 ハヨメスクワンカ・ハヨシモアンカ

栗野 ハヨメスクワンカソラ

となる。

このように字で書くとたいした変わりようはないがそれぞれの地区ごとの発音が違ってくる。

/////////////////////



イントネーションは変わらないかもしれませんが 、方言しゃべる人少なくなってますよね。

独自の「ことば」

なくなってきてます。



うちの娘も方言は、遊びで喋ってます。 

(11:45)

2015年10月29日

南さつま市は10日夜、映画「007は二度死ぬ」のロケ地となった市坊津町秋目で第1回007秋目プロジェクト会議を開いた。2016年にロケから50年を迎えるため、記念事業を検討する。本坊輝雄市長や県外のファンらが活発に意見交換した。
 シリーズ第5作で、ショーン・コネリーさんや浜美枝さん、丹波哲郎さんらがロケに訪れた。住民もエキストラとして銀幕デビュー。1967(昭和42)年に日本や米国で公開、90年には出演者のサイン入りの撮影記念碑が秋目に設置された。
007


南日本新聞記事より
------------------------------------------------------------------------

8月ぐらいに書かせてもらった007-50週年の記事

本格始動のようです。

年間何人ぐらいの人たちが、この場所に訪れてるんでしょうかね。


 


(18:28)